海外挙式でも国内で衣装レンタルが出来るか否か

>

国内でレンタルした衣装で海外挙式は出来るのか

基本的なもの

まず、基本的な予算について触れます。

当然ですが、飛行機のチケット代や現地のホテル代が最初にかかってしまいます。
いざ式を挙げるとなったら、式場の使用料や牧師さんへの謝礼、現地で発行する結婚証明書や音楽やチャペルの使用料が発生します。
ここまでは正直言って、想定の範囲内だと思います。

式の内容によっては、オプションを付ける人もいますが、もちろんそれにもお金はかかります。
ブーケやヘアメイク、事前のエステにアルバムやDVD用の写真や映像など挙げるとキリがないほどです。

さらには、二次会用の費用や現地での飲食費、お土産代とざっと書いただけでもこんなに出てきます。

簡単に計算すると、総額は数百万円と見てもいいと思います。

海外挙式だとどこが人気か

次に、海外挙式で人気のある場所についてお書きしたいと思います。

すでに長年トップクラスの人気を誇っており、もはや定番と言っても過言ではない場所があります。
それは、ハワイとグアム、そしてサイパンの三つです。
その理由として挙げられるのは、暖かい気候ときれいな景色が挙げられます。
また、ハワイだと日本語が通じたり、日本でもお馴染みのお店が多くあるのも大きな理由の一つになります。

それ以外にも、アメリカ本土やヨーロッパやスイスなどの欧米諸国も人気が高いです。
挙式だけでなく、ハネムーンも兼ねてこれらの場所を選んでいるカップルも多いです。

近場で済ませたい方の中で人気なのは、台湾や韓国などの近隣諸国ですね。
日本から近いというので、招待客も気軽に来れるのも大きいです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る